井上真央主演ドラマ「明日の約束」の感想

  • 2020.05.18 Monday
  • 04:25

 

少し前まで地上波のフジテレビの夕方に再放送ドラマを月〜金で放送してたが、知らないうちに、その枠がLive News it!というニュース枠に変わってしまい、フジの地上波の夕方には、新たな再放送ドラマをやらなくなってしまった。

 

そんな訳で、個人的には、BSフジの月〜金の午前10時の再放送ドラマ枠だけが頼りになってるが、篠原涼子の「ラストシンデレラ」は、地上波で放送してて前に見ていたので、今回はスルーして、その後に放送してた井上真央主演のドラマ「明日の約束」というのを見てみた。

 

この井上真央主演ドラマ「明日の約束」だが、内容は、学園モノで、テーマは、スクールカウンセラーが、いじめで自殺してしまったある生徒の真相(原因)を探るという話。

 

いじめで自殺するというテーマというのもあるが、このドラマは、人間の嫌な部分(歪んだ一面)がかなり頻繁に描かれていて、見てて気持ち良いものではない。テーマ的には、お暗示学園モノでいじめがテーマの菅田将暉 主演ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」と被る部分が多いが、こちらは世界観が湿っぽくて、進んで見たい気がなかなか起きない。

 

といいつつもなんとか最後まで見終えたが。

 

まず、井上真央演じるスクールカウンセラーの母親が、そういう役だから仕方ないが、過保護すぎる上に嫌味な親で、好感度がまるでない。

 

通常、こういういじめとか負のテーマを扱う場合、主人公が帰ってくるホーム(自宅)の家族は、和気あいあいというか、主人公を陰ながら応援する幸せな家庭という設定(状況)が多いが、このドラマは、ホームに対して、嫌悪感しかない。

 

むしろ、学校のいじめ問題の対処に走り回ってる時の方が、主人公が幸せに見える。

 

途中途中で、自分が住んでる家なので実家に帰ってくるが、「もうそんな家に帰ってくるなよ!」と思いたくなるほど、この母親が登場すると、チャンネルを変えたくなる。

 

またこのヒステリックな母親出てきたよ〜(笑)

 

ちなみにこのドラマ蓋を開けてみたら、ほぼほぼ、生徒の親がひどくて、ロクな親がいない。

 

ま〜、主人公の家庭環境に絡めて、あえて他の家もそういう設定になってるのだが。

 

とにかく、出てくる人物、どこかクセものが多い。

 

結局、いじめの真相を探るという話ではあったが、細かい部分でどんでん返し(意外性)はあるものの、自殺した生徒の母親が予想通りやっぱりおかしかったり、当初の印象からそれほど大きく変わった感じは無い。

 

井上真央が主演してるが、悩みを抱えた暗い役柄にあまり魅力を感じられず、見ててもあまり好きにはなれなかった。

 

ただ、生徒の女子高生ほか、若手女優に、かわいい子が結構いる。

 

このドラマでは、唯一、そこが救いかな。

 

暗い話や人間のドロドロした感じが嫌いな人には、おすすめできないドラマです。

 

 

>>明日の約束【完全版】DVD-BOX 【DVD】

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

スポンサーサイト

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 04:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    ランキング

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
    • seo

    PR

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM