PS3の「ファークライ3」をようやくクリアー。

2019.12.01 Sunday ゲーム

 

少し前にやってたPS3の「ファークライ3」だが、ようやくクリアーした。

 

たぶんクリアーまでに掛かった時間は、実働時間だと40時間弱位。

 

 

ストーリーだけやってれば、そんなに時間がかかることもないだろうが、一応宝箱と置物(名前が出てこない)や日本兵の手紙、その他拾えるアイテムについては、マップ上にあるモノすべて集めてたせいで、めちゃくちゃ時間が掛かった。

 

クリアーして見て思うが、ラストは映画「地獄の黙示録」ばり?の演出とヘリアクションで爽快感があるもののアクションゲームという部分ではやや爽快感が物足りない感じがする。

 

難易度もノーマルでやってたというのもあるけど、この難易度の設定も、結構適当で、ゲーム中(ストーリー進行中に)に難易度が随時切り変えられるっていうのは、下手なユーザーには優しい反面、やりこもうとする人にとっては、そのゆるさが逆にテンションが下がってくる。

 

今までノーマルでやってたけど、途中からハードにしてみようとか、途中では変えたくない。

 

むしろノーマルクリアーした後に、ハード設定が新たに出て来るほうが、のちのちのやりがいを感じる。

 

ちなみにストーリーは良いんだけど、全編振り返ってみると、結局やってることが同じ作業の繰り返しに気づく。

 

電波塔を開放してから、敵基地を占領。その間にストーリーをちまちま進めていく。

 

爽快感という部分では、敵基地の占領作業がアクションゲームとしては、ノーミスや一度も死なずにクリアーできると気持ちが良いが、そこに集中するほど、占領部分に特化してるわけではない。

 

個人的には、スプリンターセルではないが、占領や制圧だけやっていたい気がしてくる。

 

アイテムを集めたりとか、そういう作業は、武器がない序盤や中盤のみは目的意識があるが、武器が一通りそろっちゃうとアイテム集めは、ただの苦痛でしかない。調合とかも。

 

自由に遊べる(動き回れる)という部分でのオープンワールドの良さがある反面、それとともにデメリットもあって、この辺のバランスが意外と微妙だ。

 

バイオハザードのように、少ないアイテムの中で弾薬を保存しつつ、ストーリーを進めていくような緊張感はあまりない。一部ストーリーの中で多少気にする程度で基本そこまで弾薬に対して気にする必要が無い。

 

いくらでも薬草は集め放題だし。銃器、弾薬のみは、お金に縛られているけど。これも中盤位までで、終盤は、腐るほどお金が貯まってくるので、むしろ無駄撃ちしてお金を減らす(新しいアイテムを取るために)という意味の無い作業が追加される。

 

個人的には、このオープンワールドさは維持しつつも、敵基地の占領にのみ特化するミッション型のアクションゲームになってくれた方が、ファークライとしては、遊びやすいと言うか、やり込みたい気分になる。

 

もうアイテム集めとかかったるいし。

 

ちなみにファークライは、ファークライ4やファークライ5、他、続編がすでにいっぱい出てて、手を出したい反面、また同じ作業すんのかよという恐怖がある。レビューを読むと、基本続編でも内容同じっぽいし。

 

もう次のゲームはどうするか悩む。

 

全然関係ないが、まだそんなに欲しくも無かったプレステ4のPRO(2T)が、未使用の状態で3万円台前半で見つけてしまい、うっかり買ってしまった。値段の勢いって恐ろしい。しかもまだ開けてもいない。

 

本音を言うと、”XBOX ONE X”の方がPROより画質が良いらしいので、”XBOX ONE X”が欲しい。まあPCが一番画質が良いみたいだけど。ってか4Kテレビ持ってないから、基本、本領発揮は出来ないけど。

 

でも欲しい。

 

しかも、最近XBOX ONE Xの在庫がわずかに復活して、今4万円切ってる。

 

むしろこっちの方がPROより買いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ゲーム

スポンサーサイト

2019.12.11 Wednesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    ランキング

    ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

    • seo

    Search

    Links