竹内涼真主演「テセウスの船」の感想

  • 2020.05.24 Sunday
  • 05:00

 

コロナの影響で新作ドラマの撮影ができないからか、最近は通常のゴールデンタイムのドラマ枠でも過去に放送したドラマを再放送するテレビ局が増えている。

 

少し前にフジテレビの夕方の再放送ドラマ枠が知らないうちにニュース番組に変わってしまったのはかなり残念だったが、それ以上に、現在では他のテレビ局で再放送ドラマをやるようになってるので、意外と困らなくなった。っというか、現在は逆にドラマを録画しても見るのが追いつかない状態になっている。

 

とりあえず、その中からTBSの深夜に再放送していた竹内涼真主演の「テセウスの船」を見てみた。

 

 

「テセウスの船」というのは、同名原作マンガからの実写ドラマ化のようだが、最近は全くマンガを読まなくなってしまったので、この原作の存在も知らなかった。

 

 

マンガとの比較はできないが、ドラマ自体は、非常にテンポが良く、2話、3話と進んでいくうちに次第に嵌っていき、それ以降は、意外とサクサク見れて楽しめた。

 

ジャンルは、サスペンスになると思うが、ある事件を起こした真犯人を追っていくうちに、真犯人がコロコロと変わる、どんでん返しが連発する、最近では珍しい勢いを感じるサスペンスドラマ。

 

っというか勢いだけという言い方もできなくもないが(笑)

 

細かいことを言うと、家族団らんシーンをコメディ調にし過ぎていたり、変にお涙頂戴に振り過ぎていたり、全体のシリアスな事件を扱っている真面目な世界観で考えると、やや演出が強めで、バランスが悪いように感じる。もっと現代シーンのように過去シーンも自然に描いてくれたら良かった。

 

また、配役について言うと、現代シーンの上野樹里は、応援したくなるほどすごく良かったが、過去シーンでの母親役の榮倉奈々は、いつもの榮倉奈々の延長でしかなく、この世界観ではちょっと違うように思った。1970〜80年?の時代にもあって無いし。

 

榮倉奈々のシーンだけ、ドラマの世界観というか、これまで彼女を10代の若い時から見ていたがその時から感じる、いつもの榮倉奈々だった。

 

実生活では、子供がいて母親でもあるが、ドラマで母親役として見ると、まだまだ母親の存在感が出ていない。殺人犯(容疑者)の夫を持つ母親という難しい役ではあるが(過去では関係ないが)、もっと別に最適な女優がいたんじゃないかと思う。

 

あと物語の方で言うと、最終回での真犯人登場が、本当の真犯人から遠ざけるために、情報を他へ誘導してたのもあり、急に真犯人が現れてその動機説明をされても、背景がややわかりにくい。誰もそこ見てなかったし。

 

真犯人という意外性と言う部分では、そこか〜という意表を突かれた感じはあるが、その一方でそもそも真犯人の情報が最初から少なかった。真犯人への驚きこそあるが、動機とか背景の説得力がやや弱い。

 

でも、なんだかんだ書いてますが、このドラマ自体は、エンタメとしては、結構面白くおすすめです。

 

ただディレクターズカット版があったとしても、一度真犯人を知ってしまうと、さすがに、もう一回イチから見ようかなとは、さすがに思いませんが(笑) 

 

再放送見逃してまだ見てない方は、最初からカットされてないブルーレイやパラビなどで見た方がいいでしょう。

 

 

>>テセウスの船 Blu-ray BOX [Blu-ray]

 

 

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

井上真央主演ドラマ「明日の約束」の感想

  • 2020.05.18 Monday
  • 04:25

 

少し前まで地上波のフジテレビの夕方に再放送ドラマを月〜金で放送してたが、知らないうちに、その枠がLive News it!というニュース枠に変わってしまい、フジの地上波の夕方には、新たな再放送ドラマをやらなくなってしまった。

 

そんな訳で、個人的には、BSフジの月〜金の午前10時の再放送ドラマ枠だけが頼りになってるが、篠原涼子の「ラストシンデレラ」は、地上波で放送してて前に見ていたので、今回はスルーして、その後に放送してた井上真央主演のドラマ「明日の約束」というのを見てみた。

 

この井上真央主演ドラマ「明日の約束」だが、内容は、学園モノで、テーマは、スクールカウンセラーが、いじめで自殺してしまったある生徒の真相(原因)を探るという話。

 

いじめで自殺するというテーマというのもあるが、このドラマは、人間の嫌な部分(歪んだ一面)がかなり頻繁に描かれていて、見てて気持ち良いものではない。テーマ的には、お暗示学園モノでいじめがテーマの菅田将暉 主演ドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」と被る部分が多いが、こちらは世界観が湿っぽくて、進んで見たい気がなかなか起きない。

 

といいつつもなんとか最後まで見終えたが。

 

まず、井上真央演じるスクールカウンセラーの母親が、そういう役だから仕方ないが、過保護すぎる上に嫌味な親で、好感度がまるでない。

 

通常、こういういじめとか負のテーマを扱う場合、主人公が帰ってくるホーム(自宅)の家族は、和気あいあいというか、主人公を陰ながら応援する幸せな家庭という設定(状況)が多いが、このドラマは、ホームに対して、嫌悪感しかない。

 

むしろ、学校のいじめ問題の対処に走り回ってる時の方が、主人公が幸せに見える。

 

途中途中で、自分が住んでる家なので実家に帰ってくるが、「もうそんな家に帰ってくるなよ!」と思いたくなるほど、この母親が登場すると、チャンネルを変えたくなる。

 

またこのヒステリックな母親出てきたよ〜(笑)

 

ちなみにこのドラマ蓋を開けてみたら、ほぼほぼ、生徒の親がひどくて、ロクな親がいない。

 

ま〜、主人公の家庭環境に絡めて、あえて他の家もそういう設定になってるのだが。

 

とにかく、出てくる人物、どこかクセものが多い。

 

結局、いじめの真相を探るという話ではあったが、細かい部分でどんでん返し(意外性)はあるものの、自殺した生徒の母親が予想通りやっぱりおかしかったり、当初の印象からそれほど大きく変わった感じは無い。

 

井上真央が主演してるが、悩みを抱えた暗い役柄にあまり魅力を感じられず、見ててもあまり好きにはなれなかった。

 

ただ、生徒の女子高生ほか、若手女優に、かわいい子が結構いる。

 

このドラマでは、唯一、そこが救いかな。

 

暗い話や人間のドロドロした感じが嫌いな人には、おすすめできないドラマです。

 

 

>>明日の約束【完全版】DVD-BOX 【DVD】

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

PS3「GoldenEye 007: Reloaded (海外版:輸入版)」の感想

  • 2020.05.11 Monday
  • 05:50

 

先日、wii版の「ゴールデンアイ」を難易度ノーマル(実際の難易度名称は忘れた)でクリアーしましたが、その後、007クラシックというニンテンドー64時代の”ゴールデンアイ”と同じ、体力ゲージ方式(防弾チョッキあり)の難易度を見つけたので、そちらにチャレンジしました。

 

ちなみに、体力ゲージ方式でも、難易度のレベルが何個か選べますが、007クラシックというのは、一応、最高難度に当たります。

 

ただ、難易度を上げて二周目にチャレンジしたのは良いのですが、FPSをやるには、あまりにもwiiの画質が汚いので、途中からPS3で発売されている内容はwii版と同じ海外版の「GoldenEye 007: Reloaded (海外版)」に切り替えました。

 

 

実は、このPS3版は、結構前に気になって購入していたのですが(※その当時はwiiを買うつもりがなかった)、海外版ということで、音声と文字表記が”英語のみ”しか対応しておらず、始めたのは良いが、ストーリーや操作方法(ガイド)が英語で、一度プレイしたものの途中でミッションがわからず、やめてしまいました。

 

今回、wii版をやったっことで中身が一緒という事がわかったので、PS3版に変えました。※wiiソフトをやるのに、wii uを立ち上げてから、さらにコントローラーを操作して、コンソールをwiiに毎回切り替える作業も面倒だったし。

 

それで、PS3版に変えてみて思ったことは、やっぱりPS3版の方が画質が圧倒的に綺麗で細部まで見やすいということ。特にジャングルの面の景色が綺麗。

 

PS4をやってる人から比べたら汚いですが、自分の目はまだPS3仕様なので。

 

一応、ユーチューブにあった素材を拾ってきました。画質が比較できます。

 

以下wii版

 

 

以下PS3版

 

 

 

一応PS3版は、PS3レベルでHD対応になってるので、中身は全く同じだが(日本語と英語の違いはありますが)、画質は大幅にグレードアップしています。操作方法もwiiとPS3なのでコントローラー(操作)が異なりますが、PS3で、FPSゲームをやったことがあれば、ほぼ操作が同じなので(多少ボタン配置変更も可だったと思う)、特に問題ありません。

 

そんな訳で、PS3版の最高難度007クラシックに挑戦したのですが、現在、最後のボスキャラ:アレックス(006)のところまでは来たのだが、一向にこのボスが倒せない。

 

wii版は親切に体力ゲージが出てたのだが、PS3版では難易度が”007クラシック”だからかわからないが、体力ゲージが出てこない。

 

とりあえずひたすら撃ちまくってると、一応軽く弱ってきて、仲間を呼んだり、ヘリの応援を呼んだりしてくるのだが、難易度が高過ぎて、ヘリを呼ばれる段階になると、もう体力がない。

 

敵がゾロゾロ集まってくると、完全にボコボコにされる。

 

この”007クラシック”は、さすがに難しすぎだ。

 

最終面に来るまでにも、毎日、1面クリアーするのがやっとの状態で、このゲームの最終面に到達するまでに、一週間かそれ以上使っている。

 

ただ難しい反面、クリアーできた時の快感とやりがいはすごいある。

 

久々にゲームに嵌っている。

 

一応ミッションコンプリートしながら最後まで来たが、途中でミッション内に隠されている”悪人バッジ”みたいなのも集めれることに気付いたが、もうそっちは、探すのあきらめました(笑)

 

敵倒しつつ、ミッションやって、バッジ探しては、もうやること多すぎだ。

 

FPSで腕自慢の人は、このゴールデンアイの007クラシックの難易度はかなり挑戦しがいあります。

 

敵が強いというよりかは、体力ゲージしばりが、とにかくキツイ。

 

体力が少ないときにチェックポイント通ると、その体力が少ないまま途中セーブされるので、単純にチェックポイントまで来ても、体力ゲージが少ない場合は、ベストな状態で生きたいので、自主的なやり直し作業を強いられる。

 

この作業が悲しい。

 

クリアーできてるけど、のちのちのことを考えると、今は一旦死んでおこう。

 

 

 

>>GoldenEye 007: Reloaded (輸入版) - PS3

 

 

JUGEMテーマ:PS3全般

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ランキング

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
  • seo

PR

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM